しんがりさんはダイスがお好き!

しんがりのTRPG活動や、サークル「真狩屋」の活動報告を行うブログです。

ゲームマーケット2018秋 出展情報

いよいよ来月に迫った「ゲームマーケット2018秋」ですが、新刊の入稿が無事終わりましたので、内容の告知をさせて頂きます!

 

本当は新しいシナリオ集を出そうと準備をしていたのですが、色々ありまして今回は諦めさせて頂きました……。(申し訳ありません)

しかし!

今回の出展で二周年となる真狩屋。その記念すべき出展に見合う新刊をご用意致しました! そう、総集編です!

その名も真狩屋 総集編 真狩袋!!

 

f:id:sin_gari:20181021145731p:plain

 

過去に頒布致しましたシナリオ集。

「BLOODY LADY ~血塗られた淑女~」

「現代日本怪異譚記」

「ヤミナベ」

再販を望む声も多かったこれらのシナリオ集を、1冊にまとめました!

さらに、各シナリオ集に関連する新作シナリオ3本を追加で収録!

そのシナリオ総数はなんと13本!!!

(新作3本のうちの1本は、フリーで公開中の「怪異の現場~廃校編」になります)

 

しかもそのお値段、800円とお手頃価格!!

 

そんな素敵な総集編ですが、「過去のシナリオ集3冊全部持ってるよ……」という方の為に、書き下ろしシナリオも2本ご用意!

今回はその2本をご紹介致します~。

 

 

1.「Bloody Moon」

f:id:sin_gari:20181021153037p:plain

”1890年代、イギリス。

森に囲まれた片田舎のとある村で、満月の夜に起こった怪事件。村の娘が、森の中で血塗れの状態で発見されたのだ。

村人たちが恐怖におののく中、三人の子どもたちは「事件を解決する」と息巻く。”

 

このシナリオは、「BLOODY LADY」シリーズの最初のシナリオ「Bloody Mansion」の前日譚にあたるシナリオです。

PCは、とある村の子供達。とある村娘が夜の森で怪物同士の争いを目撃したところから、物語は始まります。

幸い村娘は無事でしたが、近くに恐ろしい怪物がいるかと思うと恐ろしい……そんな色めき立つ村で、三人の子供が「忙しい大人の代わりに、怪物を見つけてやる!」と意気揚々と家の仕事をサボります。

しかし子どもたちの調査の末、恐ろしい真実が月明かりの元にさらされることとなるのです……。

 

2.「レリック~救世主の復活~」

f:id:sin_gari:20181021153559p:plain

”1940年代後半、カナダ。

長き冒険の末ついに伝説の聖杯が隠されているテンプル騎士団の宝物庫へとたどり着いたPCたちだったが、そこには衝撃の真実が待ち受けていた……。

聖杯が起こす「恐るべき奇跡」とは……!?”

 

このシナリオは、「現代日本怪異譚記」収録の「レリック~アトランティスの秘宝~」のコンセプトを踏襲したシナリオです。

インディ・ジョーンズのような大冒険をしてきたPCたちが、いよいよ「聖杯」にたどり着く……というシーン。それが、このシナリオの導入です!

リミットは2と短めではありますが、導入で「これまでどんな大冒険をしてきたか」をPL同士で語って頂くことで、まるで長い冒険をしてきたかのような満足感を感じて頂けるかと思います。

そして「聖杯」が起こす「恐るべき奇跡」が、きっと クライマックスをさらに盛り上げてくれることでしょう!

 

 

この他、先に述べたように「BLOODY LADY」現代日本怪異譚記」「ヤミナベ」のシナリオもすべて収録。

そして今年8月1日にフリーシナリオとして公開した「怪異の現場~廃校編」も収録しています。

 

「真狩屋 総集編 真狩袋」は、ゲームマーケット2018秋」二日目(11月25日)、サークル「真狩屋」にて頒布予定です!

価格は800円!!

ブース番号は「D10」です!

 

当日会場で、皆様のお越しをお待ちしております~(*^^*)